吹き付けに使うエアは、こんな色々な装置で作ります

吹き付けコーティングと、言っても実はコーティング剤も違えば、吹き付けに使用するエアもクリーンな物で施工するかで皮膜に差が出ます。

コーティング剤も重要ですが、さらにエアもコンプレッサーによっては、吹き付けの意味を持たないのです。

鉄製のコンプレッサータンク内は、錆びていてエアと一緒に錆を吹き付けているのです。そこで鉄製タンクは、ろ過フィルターを使うとクリーンなエアが作れます。ついでにエアに含まれる水分も取り除くことができます。

しかし、当社ではステンレス製タンクでエアドライヤー付きコンプレッサーを導入して、さらにクリーンなエアを使用して吹き付けコーティング施工を行っています。しっかりとした皮膜形成と、耐久性に優れたコーティングが可能なのです。

P1050278.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elegance-art-japan.com/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする

このブログ記事について

このページは、elegance-art-japanが2013年10月10日 07:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新車の様にいつまでも綺麗に乗りたいから!」です。

次のブログ記事は「メンテナンスはリフレッシュですよ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。